見て体感して本物の北欧を感じてほしい

 


 





見て体感して本物の北欧を感じてほしい。その一例がアペテラにある。
スウェーデンのエーケルンドは自然の素材にこだわり、品質の高さによって100年以上もスウェーデン王室に製品を納めている。日本の天皇家も求めるほどだ。
同社のジャガード織り(レインボー織り)による色彩の表現は素晴らしい。
単なる織物でなく、タオルやキッチンクロスなど拭く布として使えることが技術の高さを示している。
この技術はアートも表現できる。
スウェーデンのアーティスト ハイジの絵は見ているひとを朗らかにする優しさがある。
身構えずに生活の中に溶け込んだアートが見事が。
そして、エーケルンドとハイジの本物の絵を同時に見ることは至福の空間だ。
アペテラはこのエーケルンドのリネン製品とハイジのアートの共演を見ることができる。
たぶん日本でもここだけだ。
私たちの暮らしに必要な1ピースを見つけられた気がする。

 

コメント