デンマークのヴィンテージチェアの椅子生地を張替えました

デンマークのヴィンテージチェアの椅子生地を張替えました。
50年代のオーク材の椅子です。今回は凹凸のある幾何学模様の生地に。職人さんに聞いたところ日本製のデッドストックの生地とのこと。レトロな雰囲気とオーク材の重厚感が絶妙な調和を果たしました。同じくオーク材のナイトテーブルに合わせてもいいですね。

素材xかたちx生地。
家具の中でも椅子はとても世界が広い。ダントツに人が生活の中で長時間 接する家具は椅子だろう。人生の数だけ椅子も存在している。

アペテラでは、椅子生地の張替えを承っております。
古い椅子でも生地を変えるだけで雰囲気がガラッと変わって素敵な椅子に生まれ変わります。
どのようなご希望があるのかなど、お気軽にお声掛けください。

 

 




コメント