OivaToikka Piono グラス Nuutajarvi

 





OivaToikkaのデザインには見る人を楽しませる工夫がある。
このPioniはつぼみ、咲き始め、満開の3種のパターンになっている。
それぞれの時期の形状とガラス器の特徴を上手に組み合わせている。

シリーズものは同じパターンの繰り返しにした方が良いように思い込んでしまうが、Oivaは成長の変化も含めてシリーズとした。
花を種から育てると成長の早いのも遅いのもある。
Oivaはこのガラス器を並べたときにPioniの花畑を連想させたかったのかもしれない。

コメント